Work of slight color blindness.
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

顔料落とし → 染め
毎日、とろけるような暑さで皆様どうお過ごしでしょうか?

久しぶりの更新です☆



たまには真面目に染めのお話しでもと・・・





今回は顔料落としについて


革も色々あり、「顔料」で表面を染めた靴は

「染料」で染め上げる事は難しいです。。


その為、顔料を落とす事が必要となるんですが

落としているところなんて見たことがある人が少ないと思いますので


















このように☆

良くある顔料染めは 顔料 + ボンド を組み合わせて表面に定着させてます。

個々に違いはありますが表面をまるで色つきのビニールで覆っているかのようです。

その為、お手入れをしていて

「クリームが浸透しないな〜」

と感じたら、ほぼ顔料・エナメル・ガラスレザーと考え良いでしょう。




また、定着の良い顔料染めのレザーだと本当に落とすのが大変です(汗)


そして良くある事なんですが・・・















 


顔料を落とした箇所からキズが見え隠れ。

良くも悪くもキズやシミを隠せてしまします。

余談ですが、某有名メーカーの靴の顔料落としをした時に
ブローグのパンチングミスが出てきた時には驚きました(笑)

















ここまで落とし切って、ようやく


















染料染めが可能です。













いかがでしょうか?

また機会があれば ” 真面目に ” いきたいと思います☆


お手上げ? オールデン シミ抜き + 染め替え 仕上がり編


「革雑貨ばかり作って、本業をおろそかにしていない?」


なんて業界の知人に怒られそうなJUNです☆


ハイ!!では久方の染めです(笑)


先日のオールデンが仕上がりましたのでご紹介。


PART1

PART2















言わずと知れたオールデン。









ご覧通りのシミだらけ。

原因は防水スプレーという事ですが、以前にも同様なケースを見た事があり

いくらでも難しい言葉で説明できるのですが

簡単に言うと

「こりゃ、大変!!」

という状態(笑)



「虎穴に入らずんば虎子を得ず」



・・・ハンドぺインターと語った以上、やらねばならぬ時があります。



シミ抜き後、数回の染めを繰り返し、そして仕上がりは・・・




















 


コチラ☆

グリーンへの染め替えです。












抜けきらなかった箇所はアンティーク調に濃淡でバランスを取ってます。

いかがでしょうか?


シミ関係はこのようにご提案する事もありますので、ご参考いただければと★



お手上げ? オールデン シミ抜き + 染め替え PART2



抜歯に抜糸で痛みが和らいできたJUNです☆


米粒を奥歯で噛みしめる事がこんなに幸せなのかと感じる今日この頃。





・・・・そして来るべく日に次の抜歯が待ち受けている悲しみ・・・・


・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・さて、そんな事は忘れて














少しづつ、すこ〜しづつ・・・・



シミ抜きと表面を処理。








 







良い感じに抜けてきました☆


抜けきらない箇所はうまい事、アンティーク風にしてみようかと。



お手上げ? オールデン シミ抜き + 染め替え 
 



ご無沙汰しております、先週水平埋伏歯を抜き、腫れと戦っているJUNです☆




え〜、久しぶりに靴の染め替えを・・・










お馴染みのソック。

そうです、みんな大好きオールデンなのですが・・・・











うん?












おっ?










おおっ!!










うおおおっ!!!











ぎゃああああっ!!!











・・・・相変わらずの茶番でスミマセン。



ご依頼主様いわく、シミの原因は「防水スプレー」との事です。


経験上、この状態で洗うと革内部の表面に出ていない
シミまで浮き上がる事が多く、元通りの修復は厳しいです。

その為 「染め替え」 となるわけですが
黒へならともかく、別の色へとなるとシミを出来るだけ落とさなくてはなりません。


結構大変な作業になると思いますが、納期は充分にいただいておりますので
出来る限り手を尽します☆







エナメルワンストラップシューズ 染め替えに挑戦!? その3

ご本人様に染め替えを実践していただく日になりました。

外は天気なので、せっかくだから「青空ポリッシュ」のように「青空下処理」をする事に(笑)



早速、手順を一つづつ教えながら始めました。


「下処理ですべてが決まる」

との持論があるので、かなり厳しく指導をさせていただきました。




その画像がコチラ・・・・























おっと!!企業秘密が写っていたので、残念ながらモザイクで☆


 















トウ表面のエナメル層が取れましたね。













「b」な画像☆

それだけで嬉しい気持ちはわかります♪



3時間の悪戦苦闘の末・・・・























どうにか、エナメル層の落としまで完了!!










良く見るとステッチまわりが残っていますが、ここは難しいので私が補正。



下処理は見た目よりもハードな作業です。

お疲れ様でした☆







・・・・そして教えている隣で、私が何をやっていたかというと









もう片足表面の顔料落とし。


・・・・かなり強敵。。













さて、これからジワジワ落としていきます☆
エナメルワンストラップシューズ 染め替えに挑戦!? その2

染め替えを教えるとはいうものの、、、


初めてのかたが4日の間、限られた時間の中で

両足の染め替えをするのは難しい。。


片足を順々に先行して私が仕上げ、それを目指してもらうという手順に。




というわけで、私がまず左足の「下処理」から始めます。


まずはエナメル膜落とし☆










実際に始めてみると・・・・



















かなり手ごわい。。・・・というか「しつこい」というのが当てはまるかと(笑)





しかし


エナメル=難しい


とも限らず、これもエナメル革によります☆





レディースシューズの革は薄く、革の復元力弱いので

時間がかかっても


「丁寧に優しく下処理」


するのが大事かと思います。















落としきるとこのようになりました。










右足と比較すると、雰囲気が別物。


エナメルを落としたとはいえ、下処理はまだ半分。


更に表面の顔料を落として、染料が入る状態にしていきます。




ご依頼などは

shoehandpainter@yahoo.co.jp

まで
エナメルワンストラップシューズ 染め替えに挑戦!?

とある日に



「私物の靴を自分で染め替えをしたい!!」



と思いっきったメールが届きました(笑)





以前にリペアショップさんには染め替えの講習行いましたが

個人の方からこういう依頼があるのは初めて。



諸所の問題からお断りも考えましたが、その後に色々とやりとりをしていると

「何か面白いな〜」

なんて思い、ブログにも紹介する事を条件に今回引き受ける事にしました(笑)




「とりあえず靴送って下さい」


とお願いすると・・・・















 






・・・・・。

いきなりのエナメルシューズ!?



実践講習は私の手の空いた時間で週に一回で計4回。


頑張ってみましょう!!


さてさて、どうなる事やら☆

頭を柔らかくすると見えてくる


「こうでないといけない!!」


というのが嫌いな性分。





あれこれセオリーや決まり事をばかりに目を向けていると、勝手に自分で呪縛を作ってしまい

新しい事にチャレンジする事が出来なくなってしまいます。



いつだって困難にぶつかった時は、頭を柔らかくすると


「もしや、これなら?・・・」


なんて発想が生まれてくるもの。





例えば、ご家庭にあるこれだって・・・・













 


加工する事で立派なワークツールに化けてくれます(笑)



困難も、やるまでやろうホトトギス

皆様、お疲れ様です!!JUNです☆

今日、色々なブログをチェックすると、染めを始めるかたやショップが増えましたね。

染めという仕事が広がっていく事はとても嬉しいですが


スエード染めまでやる所もあるんですね・・・・



仕上がりの見た目から


「単に上から〇〇〇〇〇染料塗っただけじゃないの?」


「定着は・・・・・履けばスルスルと色が〇〇〇いくよ、そんなんで良いの?」



・・・なんて思いも



「そんな事にならないから、メニューにしているはず」

と考えてます☆


正直、自分ではバケッタ風の染め替えでしか出来ないので完敗(涙)










 


そして、完杯。


私もスエード染めが自分の納得の出来る仕上がりまでトライしていきますよ!!


コメダコーヒーでそんな事を考えていた午後18時でした★


さて、お仕事お仕事・・・・
週末の強敵


仕事もプライベートもバタバタなJUNです☆

皆様はどうお過ごしでしょうか?


私といえば







 


相も変わらず、染め染めな日々でございます。



染め方は主に筆で染める事が多いのですが

時には別の手法にて、染めあげていくこともあります。




テストを繰り返し、日々考察する事で

少しづつやり方を変えております。




固定概念にとらわれず、頭を柔らかくして取り組めるようになったのも

今まで手のほどこしようの無い、靴のご依頼が多かったからでしょう。




出来なかったら、出来ないままでなく

考え、トライしていく事が自分のやれる事かと考えております。



・・・と、早速


















この靴を目の前に考えております。



さて、トライ★