Work of slight color blindness.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

分解掃除

ビスをクルクル・・・・カチャカチャと・・・・・



ガコッ☆






実は














 


パソコンの
















プシューっと

分解掃除ハジメマシタ♪








※フィクションでございます☆

くれぐれもPCは送って来ないで下さい(笑)



ってな事で靴の水洗いいかがでしょうか?



ご依頼等はこちらまで

shoehandpainter@yahoo.co.jp

雨ジミ!!



年間300日は着ている、このオーバーオール。

何かと便利で外仕事でも愛用していた為・・・・








染料やクリームでこのように。

ペンキとかなら雰囲気が出るんですが、イマイチなエイジングですね。。

実は着込んで約8年。

前職から愛用しているお気に入りなので
これからも大事したいと思います。


さて、本日は・・・・








雨ジミ!!

靴はチーニーのライトブラウンの靴です。

最近雨が多いせいか、結構シミ抜きのご依頼が多くなりました。


ここまでシミが強いと濃色の染め替えをおススメしますが
出来るだけ濃くされたくないとのご希望。


・・・やりましょう!!

私らしい施術です(笑)


ではまず、シミ抜きと共に水洗いを行っていきますと





 


ややピンボケですが、このようにスッピンに。


・・・しかし、このままでも抜けきれないシミもあります。



なのでそのシミが目立たないように、クリームでややアンティーク調に仕上げていくと








仕上がりはこちら☆

つま先のキズも目立たなくなりました♪

水洗いも行っているので、充分に革にも潤いが戻り、復活!!


雨ジミは日ごろのお手入れが大事です。

月に2,3回のケアは怠らずに〜。




ご依頼などは

green74t@yahoo.co.jp

まで
元町 「STARLIGHT CAFE」





スエードのシミ抜き。


・・・これは強敵。。。

数日の時間を要して施術中。


シミとの無限ループの格闘に心が折れそうなので・・・


 





買い出しついでに元町でまったり。


染めたスエード素材を水洗い


スエードの後染め。


本当に難しいです・・・・。


何が難しいというと ”定着力”

色々な染料を試しましたが、何回か履いているだけで色抜けてしまいます。
「染料の科学的な進歩を願うしかないのか!?」
と感じている今日この頃。

こればかりは「変態」と言われる私もお手上げ状態。



・・・でも、あきらめません。


試しに、以前に染めたスエードのビルケンを水洗いしてみました。





 






さて、洗いをかける事で新たな光明が見えるのか・・。
ジョンロブ シミ抜き + 水洗い 仕上がり編


先日、納品済みでございます。

PART2





イタリアはボノ―ラ製の疑いがあるジョンロブのブーツ・・・。
(お詳しい方、是非コメントを!!)


ご依頼の

「シミ抜き + 水洗い」


下処理で古いクリームとシミを抜き
水洗いをします。

乾燥後、充分にクリームで潤いを与えていき仕上げると・・・





このように革がふっくらとした仕上がり。

綺麗に水洗いをすると、とても革のコンディションが良くなるんです。


また、どうでも良い事ですが
水洗い後の革に

「スッー」

とクリームが浸透していく瞬間・・。

とても気持ち良いです(笑)

・・・・本当、どうでも良いですねぇ。。


さて、細かく見ていきますと・・・・





つま先は・・・





このように。

「エイジング感」

も残したかったので
シミとまだらにクリームで濃淡があった個所は落とし
つま先のサイドをやや濃いめに仕上げて、凹凸感を出し
仕上げに軽くハイシャインしてます。





そして、ヒール個所は・・・





つま先同様に施術。

同じく軽くハイシャインしております。





いかがでしょうか?

単に水洗いと言っても施術する人により、さまざまなやり方があると思います。
出来るだけ元の革の良さを引き出すように心がけて施術してます。

気になる方は一度ご相談下さい☆


・・・そろそろ、自分の靴もやらねば。。

フェラガモ スリッポン シミ抜き + 水洗い
 


ブログも更新出来ないくらいバタバタとした日々。

新しく始める事もあり、近いうちにこのブログでご紹介出来るかと
思います。

その為、操作も慣れないiphoneを片手に外回りする機会が多くなりました。



そんな中、先日お預かりした








フェラガモのスリッポン。

普段は英国靴やUSAブーツを施術する機会が多い私には
とても新鮮な一足!!


夏に太陽が照らす中でシアサッカーやリネン素材の
ハーフパンツに素足で合わせたりすると良いですね〜。

見た目重めのグッドイヤー製法の靴よりも
コーディネイトしやすく、お洒落に見えるのでないでしょうか?
また、マッケイ製法なので軽い履き心地も魅力です。


さてさて、本題のご依頼ですが・・・





「 シミ抜き + 水洗い 」

本格的に暑くなる夏になるまえに、仕上げてお返ししたいと思います。

絹ごしクリーニング!?  「APCブラックスエードサイドジップブーツ」 仕上がり編
 仕上がりました!!


PART1






「シミ抜き + 水洗い」

でのご依頼のAPCのブラックスエードブーツ。


まずは入念にブラッシング。
ここで毛足に入り込んだ、落とせるゴミやホコリを落とします。
その後、丁寧にシミ抜きしたのちアッパーとインナーを水洗い。
乾燥後に補色をして仕上げていきますと・・・





こちらが仕上がり。

シミも落ち、ふっくらとした毛足に復活しました。


ちなみに・・・・





最近お世話になっている職人さんに、オールソールをお願いしております。

いつも良い仕上がり、ありがとうございます!!


では、施術した個所を細かく見ていきますと・・・・





ヒール部の硬化したシミ。

この状態になると、ブラッシング程度では取れず
ヘタにペーパーがけをすると毛足が変わり、色抜けをします。

その為、少しづつ時間をかけてシミを分解させ仕上げると・・・





このように。

特に難しかったのはステッチにかかっていたシミ抜き。
ステッチを痛めずに、色抜けもしないよう慎重な作業なります。





そして、初の「絹ごし豆腐」のシミ抜きは・・・





このように綺麗に仕上がりました。

シミ抜きと水洗い後、シミの個所の色がだいぶ抜けてましたので
これまた時間をかけて

「黒く、黒くなれ!!」

と願い込めて染めあげております(笑)





何かを落として、スエードがシミになるケースは結構多いです。

今回のように、何かを落としてしまいシミになってしまった物があれば
ご相談下さい。

状態により、施術が難しい物は別のご提案が出来るかと思います☆


ジョンロブ シミ抜き + 水洗い

ようやく洗濯機が治りました、junです(笑)


 


梅雨に入り、ブーツの水洗いのご依頼が増えてきました。

夏に履かなくなるブーツ等は
保管される場合は一度、水洗いされてるのをおススメ致します。


こちらはジョンロブのブーツ。

カジュアル感のあるライトブラウンのグレインレザーのアッパーに
ソールカスタムされたビブラムソールが雰囲気があります。

これまた、マメにお手入れされているので雰囲気良く
エイジングされてます。


さて、ご依頼は


「シミ抜き + 水洗い」







つま先部と・・・





ヒール部の、うっすらとあるシミと汚れをクリーニングしようというわけです。


それにしても、この木型とモカ縫い。
どこかで見た事があるような・・・・








以前に水洗いをしたボノ―ラのノルべ。

似てますね〜。

お客様いわく、当ブログを見ていただいて
ボノ―ラ製ではないかと推測されたようです。


確かに画像で比べてみても似てますね。

このような発見が面白いです☆





今回もエイジング感を残し綺麗にしていこうと思います。


それにしても、このブーツ欲しいな〜。

これこそエイジング!! ジョンロブ キズ補修 + 水洗い 仕上がり編


・・・更に洗濯機まで壊れてしまったjunです(笑)



仕上がりましたのでご紹介!!

PART1


 


ジョンロブのチャッカーブーツ。

マメにメンテナンスされていらっしゃったので
とても綺麗なエイジングです。





長年ご使用されていたとの事で


「 キズ補修 + 水洗い 」


でのご依頼。


まずは例のごとく「下処理」

汚れや古いクリーム、WAXを綺麗に落としていきます。

スッピンになった状態でたっぷりの泡で洗いあげていきます。
(ちなみに私はサドルソープは使いません)



そしてすずぎ、数日かけて乾燥後、充分にクリームで潤いを与えて、ハイシャインしていくと・・・






こちらが仕上がり。


さて、細かく見きますと・・・・・







つま先の先端はソリッドにして、グラデーションにハイシャイン。







ヒール個所も・・・






このように。


ヒールからサイドも光らせると表情が変わります。






つま先のキズは・・・・






このように・・・・スミマセン、ちょっと遠くてわかりませんねぇ。







いかがでしょう?
内容はいつもと違い、比較的スタンダードな内容です。

靴はライナーから汗を吸い、いずれはアッパーに「塩」を吹いたりします。
こうなるとクリーナーで除去しても再度、塩が吹きやすい状態になってしまいます。
履くペースによりますが、目安は2,3年履いた靴は
一度は洗いをかける事をおススメします。

これこそエイジング!! ジョンロブ キズ補修 + 水洗い 
 


ジョンロブのチャッカーブーツです。

履かない時はシューツリーを入れ、マメにお手入れされた私が好きなエイジング。





履きジワの微妙な色抜け加減とシワが、絶妙ですね♪

まだ、青山にお店があった時に就職祝いに購入されたそうですが
長年履いているのに、ケアとメンテナンスによってここまでコンディションを保つのは
結構難しいものです。

さて、ご依頼は


「 水洗い 」


でオーバーホールして・・・・・





つま先の

「 キズ補修 」





とても綺麗にされているこの靴を、どこまで喜んで頂けるように仕上げられるように
出来るかが今回の課題。

さて、頑張りましょうかね〜。