Work of slight color blindness.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

on the desk
 




購入した二枚の木材を・・・・


















まずはオイル塗料にて染め☆


















一日かけてじっくり浸透させ、しっかり乾燥後・・・・・


















手塗りでパティーヌと同じ技法で染料にて二度染め。

あえて、先にオイルを浸透させる事によって、染料の入りを悪くさせます。

そうする事でより表情に濃淡が生まれ、仕上げに再度オイルでバランスを見て調整します。


木材の染めは初めてでしたが、イメージ通りアンティーク風に♪


さて、仕上がった板を

















しっかり壁付け。

そして・・・・

















新しく購入したデスクを前に設置。

















憧れの " G-PLAN "


「ねんがんのアイスソードを手に入れたぞ!」


と三十代くらいの人しかわからないだろうこのネタですが、そのような気持ち(笑)


















ウンウン。













良い感じ♪













・・・・いやいや、まだまだ!!


















ウォールシェルフの取り付け。

これも染めてますが、あえて壁板ほど強く色を入れてません。

パティーヌ同様、全体のバランスが重要。












PCモニター用にもう一台。


















ようやく完成!!












ウォールシェルフに何を乗せるかを楽しみに考えながら

これから on the desk☆
 





※あっ、ちなみ木材の染め替えは承っておりません(笑)


遊び道具?
 


ご無沙汰しております、JUNです。


例のごとく季節の変わり目で風邪になったり、体調を壊したりしてましたが

ようやく本調子に☆


つくづく

「健康が一番」

と思うようになりました。


さて、そんなところ、染めの間に・・・・・







17ミシンの勉強を・・・・

染めも誰かに教わった事が無い私ですが

モチロン今回も独学♪









それまでは家庭用ミシンで無理やり縫ってましたが

これで色々遊んでみようかと思います☆


再会?
 

今日、花粉症が爆発したJUNです☆


私、今更ながら・・・・





ビルケンの冬っぽいモデルを購入(笑)

これも例のごとく「ヒトメボレ♪」な一品☆




最近、物欲がひどく

前回のDjango Atour/DRAPERS CAP 

・・・・ビンテージのオーバーオールや

・・・・・・・パタゴニアのフリース


普段、ワークカジュアルな私の心を刺激する出会いが多く困っております。。



さて、シミ抜き+水洗い+染め替えを行った






ボノーラのUチップ。

ちなみにビフォーは取り忘れ・・・・・






うん?


どこかで見たことがあるような・・・?













このデザインとラスト。。



おっ!?アレですね〜☆













以前、シミ抜き+水洗いの施術を行ったボノーラと素材違い☆













こういった仕事をしているとこういう「再会?」のような事がとても嬉しいです♪













またのご依頼お待ちしております☆


レディースシューズ 水洗い + シミ抜き + 染め替え その2
 


夏バテ気味のJUNです(汗)

本当に暑いですね〜。。



今回は手短ですが水洗いとシミ抜きが仕上がったでご紹介。















ハイ、スッピン☆


マルマルとしたまさに ” マルコ ” な一足♪














これが・・・・





ここまで、水洗いとシミ抜きで落とせました。



後は下処理で再調整して染め上げていきます。


オブリークの染め替えは、センスがとわれそうで怖い・・・。




レディースシューズ 水洗い + シミ抜き + 染め替え


休暇のツケに襲われているJUNです☆

17日より頑張っております!!



さて、最近はレディース靴のご依頼が増えてきてました。

それも思い入れがあり、長年お履きになられている靴。


今回はそんな一足








 


またや10年物☆


可愛らしいオブリークなデザインはお客様いわく

” マルコ ”

と名称♪


















良く見ると、ダブルステッチのステッチダウンという面白い仕様だったりします。


消耗する箇所や、負荷が強くかかるステッチ部のリペアが必要でしたので

早速、外注先の職人様へ依頼






















リフトとカンヌキの補修を。

リペアをバッチリ仕上げていただいたので、ここからが私の施術へ。



まずは水洗いの為の下処理。












スポット状に黒カビがあるため、汚れや油分や蝋分を落としていくと・・・








このように。


下処理の工程を踏む事で、革内部まで水分がしっかり浸透してくれます。

これが大事。


それにしても、まだまだおりますね・・・・。

一度、黒カビになるとこのようにシミとなり取り除くのがとても大変。




ではでは、たっぷりとした泡で


















水洗い。

乾燥後はシミ抜きの作業へ移ります。


今回はここまで☆
何か出来るかな?
 














加水分解・・・・。


何か出来るかな?


やってみたシリーズ第四弾 「彫ってみた」 後編


皆様、お待たせ致しました!!

寒さに負けずに今日も指を染め続けているJUNです。


「彫ってみた」後編、、、完成しました〜☆








まぁ、この状態から色々悩んだわけです。


・・う〜ん、染めるか、、、、いや、ここは龍でも描いてみるか、、、


なんて日夜考えていたんですよ。

でも、「やってみた」なんてタイトルを付けたからには

自分で”チャレンジした事無い事”をやるのにに意義があるのはないかと。


というわけで初トライした施術とは・・・・



















 


黒エ・ナ・メ・ル加工☆


やってみました(笑)

いや〜大変な作業でしたが、「龍」の字も際立ってなかなかの仕上がりに♪













もう片側が白なんで一応モノトーンとなっております。

後ろから見た人はどう感じるのか・・・・履いた時が楽しみでうずうずします(笑)

・・・ちなみにメニュー化はまだ先のお話し。





まだまだ変貌を続けるこの靴。


年末には完成させたいと思います☆



・やってみたシリーズ


第一弾 ”コーヒーで染めてみた”

第二弾 ”描いてみた?”

第三弾 ”乗せてみた”

第四弾前編 ”彫ってみた”

第五弾 ”染めてみた PART2”

第五弾 ”失敗編”
やってみたシリーズ第四弾 「彫ってみた」 前編
 

・・・・さあ、またまた


「やってみた」シリーズ第四弾!!



ネタを考えるだけで楽しい企画♪


決して

「何やってんだ俺??」

なんて思う事もなく突き進んでおります!!・・・・いや、少し思ってます(笑)




今回はタイトルどおり・・・・








”彫ってみた”


「エッ!?そんな事して良いの?」

そんな事を自問自答しながら手にしていた「刃」で

半分白く染めた反対側のアウトサイドヒールに気づけばフリーハンドでザクザク♪























荒削りなのでわかりますか?(笑)


”龍”


来年の干支ですね〜。

銀面から荒く掘り進め、ここから整えたり染めたりしていこうかと。

・・・う〜ん悩みます。。




ここまで何気に時間を費やしたので、次回へ・・・・・
大手術!! トレーディングポスト レースアップブーツ PART3


仕上がりましたのでご紹介!!

PART1
PART2





長年のご愛用の為、アッパーのクラックやキズがあります。
ソール交換もご依頼との事ですので


・水洗い
・クラック + キズ補修
・色補修
・サイドライニングパッチ × 2
・スピードシューレース → ハトメへ交換
・オールソール



と大手術となりました!!

前回の水洗いより、リペア後に

クラック + キズ補修

を行い、最終仕上げを致しますと・・・・・





こちらが仕上がり。

水洗い後に時間をかけて、充分に潤いを与えると
このように復活。

まさに靴の ”Overhaul”


他の施術個所を見ていくと・・・







まずはこのつま先のキズは・・・・





キズもほぼ解らないくらいに。

WAXを用いて厚塗りやハイシャインでごまかさずに
ナチュラルに仕上げてます。

手間はかかりますが、状態により綺麗に出来ます。



そして・・・





つま先の次にキズをつけやすい、ヒールカップまわりのキズや擦れも・・・・





画像では太陽光が強い為、解りづらいですがこんな感じ。

この個所もWAXは使用せずに、仕上げております。









そして、難関のクラックは・・・・







ここまで回復。

クラック補修は気が遠くなるような作業の為
採算よりも


”お客様の喜ぶ姿”


を頭に描いていなと、途中で挫折してしまいそうになります(笑)




リペアはというと・・





レザーソールから・・・・





ダイナイトソールへ交換。

レザーソールのシャープ感を残したい場合は
とてもおススメなソール。

なんといっても、英国パーツは高級感があります☆






長年ご使用された靴なので、ウェルトの状態から
アウトステッチが心配でしたが、元穴をしっかり追った
とても綺麗な仕上がり。






う〜ん、美しい!!

ダイナイトでは難しい仕上げを無理を言って
ヒールアップをして、カーブをつけたピッチドヒールへ。







折れたフック(スピードシューレース)も・・・





元のフックの大きさから、やや外径が大きくなりましたが
ハトメへ交換。

これはこれで、雰囲気があって
個人的には好きです。

シューレースを通すと・・・





なかなか、良いでしょう?

丸ヒモをつけてますが、平ヒモに替えても格好良いです。





サイドから見てみると、バランスもバッチリ!!

コバのエッジもこの通り。
ゴム素材ですが、頑張ってもらいました(笑)

また、画像にはありませんがライニングの小指側も
革パッチ補強してます。






今回の大手術。

お客様にもお喜びいただきまして

”成功”

となりました。


さて、次は例の手術に向かいます!!



大手術!! トレーディングポスト レースアップブーツ PART2
 


大手術となったトレーディングポストのブーツ


まずは、水洗いから始めます。

表面の古いクリームや汚れを取り除き、下処理をします。

すると・・・




このようにマットな表情となるわけです。

女性で言うと、お化粧を取り除いた

「スッピン」

という所ですかね(笑)





拡大するとこのような感じ。

お化粧を落とし、スッピン状態になったところでようやく
水洗い。





革に水をしっかり浸透させたのち、たっぷりの泡で
インナーから、アッパーまでを洗っていきます。

革に染み込んだ汗や油もスッキリします。

しっかりとすすいだ後は、水気を取り、自然乾燥させていきます。





水分を含みワントーンマットな表情。

ここからが重要です。

単純に放置して乾燥はさせず、時間毎にチェックをしつつ
型が崩れないように、整えていきます。


完全に乾燥するまでには約一週間。


乾燥後にリペアとなりますが、次回のご紹介は
は仕上がり編で施術後を更新します。


・・・まだまだ、先になりますので気長にお待ち下さい(笑)