Work of slight color blindness.
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

初心忘れずべからず
 
独立して約3年になりました。


” 初心忘れるべからず ”


なんて思い、、


その頃に手掛けた靴の画像を見ると・・・







当初から




























なかなか・・・・

















良い仕事をしているなと自画自賛(笑)



・・・なんて言っていたら怒られそうなので仕事に戻りマス★

クロケット&ジョーンズ Wモンクストラップ パティーヌ  仕上がり編



染め替えを行うぺインターに休みなどありません。
(施術品が気になって仕方が無い私です・・・)


・・・・・なので、ブログも頑張ります!!




仕上がりましたので、ご紹介。





クロケットのライトブラウンのWモンクストラップ。

シミ抜きと水洗いを行い、パティーヌすると・・・・






 


こちらが仕上がり。

ライトブラウン × ブラウン × グリーン 

のパティーヌ。








水洗いと染め替えを行うだけで、革の潤いは驚くほど回復します。

表現するなら時計の「オーバーホール」のようなもの。










つま先とヒールにわずかにグリーンでアクセント。











施術面で100パーセントご希望に添えるようには出来なかったのですが、いかがでしょう?


お客様のご希望に更に応えられるように頑張ります☆

クロケット&ジョーンズ Wモンクストラップ パティーヌ


皆様、新年どうお過ごしでしょうか?

なんだかんだ休暇中は1月2日から仕事していたJUNです☆






外出する機会も増え、なんだかんだバタバタしていた昨年ですが

今年も良き仕上がりを目指すと共に


”面白い事”


を進めていきたいと思います♪





では、「ブログ始め」はやっぱり”パティーヌ”のご紹介で。







 


クロケットのライトブラウンのWモンクストラップ。

今回はこちらをパティーヌしていきます。



よくよく見ると・・・・




























所々のシミ、お客様によるクリームの味付けを、一度「水洗い」にてリセットする為に下処理。


いつも言っている事ですが、染め替えも水洗いもすべて下処理で決まります。

下処理にムラのある水洗いは逆にシミになってしまう事があります。


特にこういった薄いライトブラウン系はご注意を。




そして、下処理をすると・・・





















左足は元の状態で右足は下処理後になります。

比べると違いますね〜。






















両足共に下処理後。

この状態で一見表面の色は落ちてますが、更に革の内部から調整する為に水洗い。



















このように浸水性が戻ればOK。


次は乾燥後に染め上げていきます。


乾燥していく過程に独自にする施術は企業秘密♪


仕上がりをお楽しみに☆



あれから一年・・・


よく履いたな〜この靴・・・・












 


「やってみたシリーズ」


昨年、色々試したくて挑戦した靴。

あれから一年経ち、ブラッシング以外はまったくのノーメンテですが・・・・


















” 飛び立つ朱雀 ”


















” ヘビースモーカーなウサギ ”






他にも「醤油染め」や「顔料染め」など、色々試しておりまして


なんとも





「ゴキゲンな靴」





ですが、特に経年変化も無く

履くたびに気持ちをハッピーにしてくれます。



現在、なかなか時間に余裕が無く

このシリーズをする時間がありませんが、きっとまたやります。

気長にお待ちいただければと思います☆




さて、今年も残りわずかとなりました。

年内仕上げの為、私はラストスパート!!








来年も一年よろしくお願い致します☆





年末年始休暇をいただきます。


   12月28日〜1月5日


年内中の染め替え等のご依頼は

来年の仕上がりとなりますので宜しくお願い致します。
レディースシューズ 水洗い + シミ抜き + 染め替え 仕上がり


気づけば昨日から麺ばかり食べているJUNです☆

ご無沙汰しておりました・・・・

相変わらず染料まみれの毎日を過ごしております。


秋だからでしょうか、この時期になり茶系の染め替えの依頼が増えてきました。

合わせやすい色目なので、ご検討のかたはお気軽にご連絡下さい。





さてさて、ようやく・・・・







10年物のスリッポン、通称 ” マルコ ”

仕上がりましたのでご紹介。

詳細はコチラから☆


その1

その2



水洗いを行い、カビとシミを落とし、更に下処理を続け、手染めした結果・・・・



























このようにグリーンにパティーヌ。

今回はベースをグリーンにイエローとブルーで味付けしております。


オブリークラストでの染め替えは始めてだったんですが

いかがでしょうかね?















お客様にはご満足いただけたようで


” マルコ ” から ” マルコム君 ”


名称が変わりました(笑)





ご依頼などは


shoehandpainter@yahoo.co.jp


まで一度ご連絡下さい。
折り返し、こちらから返信致します。

宜しくお願い致します。

jun
思い出の一足 仕上がり編

長い休暇にイマイチ落ち着かないJUNです☆


普段滞りがちなブログも休暇中くらいは休みません(笑)



久しぶりに染め替えのご紹介。


その1


「思い出の一足」というタイトルで紹介してから









すでに約3ヵ月前にお預かりしている靴。


当初は”現状のまま”という流れでお引き受けしたのですが

その後にお客様とのやり取りで”パティーヌ”へと変更。



そして、仕上がりは・・・・




















 


ブルー系でお任せ下さいましたので、全体を ブルー 〜 ネイビー 系に所々を

グレイで雰囲気を出してみました☆


イメージは 「 海 」














つま先は






つま先を濃く、履き口に向かい薄く濃淡を。

これで補修したキズも目立ちません。























擦りキズ多いヒール部分は・・・・






このようにボヤかしながら陰影をつけると、まるで水彩画のよう。


















パティーヌ後は充分に潤いを与えてますので、革もすっかりツヤツヤに。

その後のケアで、また何年も愛用して頂ければ嬉しいです。




いかがでしょう?

レディースのパティーヌも良いでしょ☆




ご依頼などは


shoehandpainter@yahoo.co.jp


まで一度ご連絡下さい。
折り返し、こちらから返信致します。

宜しくお願い致します。

jun
たまには宣伝

パティーヌに時間をかければ良いというものではありませんが・・・・


顔も見た事も無ければ、お話すらした事も無い私にご依頼下さるかたを思うと










出来る限り精一杯良い仕上げに・・・・なんて、ついついお時間をいただく事が多いです。


長く手をかけていると




 







発送の時は少し寂しくも、喜んでいただける事を願っております☆






ご依頼などは

shoehandpainter@yahoo.co.jp

まで一度ご連絡下さい。
折り返し、こちらから返信致します。

宜しくお願い致します。

jun

久しぶりに☆ ヴィンテージシューズ パティーヌ 仕上がり編


ご無沙汰しております!!


・・・申し訳ありません。

忙しさのあまり、しばらくブログをお休みしてました。。


体調不良と思われ、ご連絡をくださった方々申し訳ございません。


本人は至って元気にやっておりますので宜しくお願い致します☆



さて、例の・・・・










 


ヴィンテージシューズが仕上がりましたので、ご紹介♪


その1


日本ではあまり見かけないモンクブーツ(正式名称なんてあるんでしょうか?)










厚い顔料を纏った、このブーツを下処理後にパティーヌしていくと・・・・























こちらが仕上がり☆

レッドブラウンのパティーヌです。


お客様のイメージは


” 柿の種 ”


で(笑)


後はお任せしていただきました。













つま先は濃く・・・・













濃淡を付けて、バランスを取ってます。













元と比べて、雰囲気がとてもかわりましたね。

もちろん顔料を取り除いたので、経年変化も楽しめる一足となっております。


どんな風にコーディネイトされるか気になります☆
ハートマン アタッシェ パティーヌ 仕上がり編



G.W.中は頭痛に悩まされていたJUNです☆

ようやく回復しましたので、ブログ頑張ります!!



中古で購入したアタッシェが仕上がりましたのでご紹介。


はじめ








このシンプルなアタッシェがどのようになるのか、楽しみながら作業♪


鞄染めは靴よりも染め回数が少ないので、良い経験になりますし

私物はほぼ実験材料とする事を義務としてます(笑)










まずはこの ” シミ ”


・・・・うーん、良く見るとカビらしきものも混ざってますねぇ。。



ざっと下処理を兼ねて、シミ、カビを落としていきますと・・・・























このように。

結構時間が、かかりました(汗)



さて、染め工程。

ベースを全体に入れてから、濃淡を調整していきますと・・・・



















 


こちらが仕上がり。


スーツでも、カジュアルにでも合わせやすいように


イエローブラウン + レッドブラウン


のパティーヌにしてみました☆


















補修はしていないのでキズは目立ちますが、雰囲気が出たのでは?


















そして、コーナーの補強レザー部は

以前にパティーヌしたグラスケースと同色にしてコンビに。


・・・ブログ書いてて気づいたのですが、何かトロッ〇ーみたいですね(笑)

















それにしても、少しイヤラシイですね(笑)

まぁ、自分好みになったのではないかと満足してます♪


















ナイロンブリーフはしまって、今年からはこれでいきます☆


さて、夜は長い!!

作業に戻ります〜。



久しぶりに☆ ヴィンテージシューズ パティーヌ 




三か月に一度は部屋の模様替えをするJUNです☆

ちなみにどうでも良い事ですが、始めのご挨拶は今までもの含め事実です(笑)




ここ、最近


「靴の染め替え、全然ブログに出してないね〜」


なんて声が多くなったので、久しぶりにご紹介☆





 


「FREEMAN」


・・・フリーマン?ちょっと聞きなれないないですが

古着屋さん等でたまに見かけるメーカー。


昔の靴は色々なデザインが多く














モンクストラップブーツなんて、今どの靴屋さんに行っても見かけませんね〜。


これも日本市場での需要の問題なのでしょうが、このデザインは個人的に好きです♪


少しノーズが長めで、特徴的な・・・・













大振りのバックルがなんとも味わいがあります☆


ハットを被って、色落ちしたデニムで合わせたら恰好良さそうですね〜♪




さて、この靴のパティーヌ依頼なのですが・・・













USAシューズに良く見かけられる顔料強めの素材。

このままでは染め替えられないので、いつものようにクリーニングしていきますと・・・・























ハイ!このように☆

顔料を落としていない片足と比べると、全然別物。













後ろもシッカリ顔料を取り除きます。




そして、もちろん














もう片足も・・・・













このようにサッパリと。


















スッピンはとても美白。




準備は整いましたので、パティーヌしていきます♪


仕上がりをお楽しみに〜☆