Work of slight color blindness.
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 見本帳 | main | ねんがんの・・・・ >>
顔料落とし → 染め
毎日、とろけるような暑さで皆様どうお過ごしでしょうか?

久しぶりの更新です☆



たまには真面目に染めのお話しでもと・・・





今回は顔料落としについて


革も色々あり、「顔料」で表面を染めた靴は

「染料」で染め上げる事は難しいです。。


その為、顔料を落とす事が必要となるんですが

落としているところなんて見たことがある人が少ないと思いますので


















このように☆

良くある顔料染めは 顔料 + ボンド を組み合わせて表面に定着させてます。

個々に違いはありますが表面をまるで色つきのビニールで覆っているかのようです。

その為、お手入れをしていて

「クリームが浸透しないな〜」

と感じたら、ほぼ顔料・エナメル・ガラスレザーと考え良いでしょう。




また、定着の良い顔料染めのレザーだと本当に落とすのが大変です(汗)


そして良くある事なんですが・・・















 


顔料を落とした箇所からキズが見え隠れ。

良くも悪くもキズやシミを隠せてしまします。

余談ですが、某有名メーカーの靴の顔料落としをした時に
ブローグのパンチングミスが出てきた時には驚きました(笑)

















ここまで落とし切って、ようやく


















染料染めが可能です。













いかがでしょうか?

また機会があれば ” 真面目に ” いきたいと思います☆


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://onthedesk.jugem.jp/trackback/446
TRACKBACK